枇杷茶房ごはん帳

biwagohan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 27日

すだちとトマトの麻婆豆腐



※すだちモニターのレシピです。


すだち≒山椒、と考えたら、よりイメージが広がるのかも・・・。

ということで、皆に人気の麻婆豆腐にすだちを。
普段の我が家は、乾燥の花椒を痺れるほどたーっぷり使いますが、今回はなしで。


e0220778_1411239.jpg



【材料・2人分】☆爽やかな酸味と香りのさっぱり夏の味
・絹ごし豆腐 1個(軽く水を切り、ひと口大に切る)
・サラダオイル 大さじ1
・ニンニク 1コ(みじん切り)
・ショウガ ひとかけ(みじん切り)
・豆板醤 大さじ1~(辛さが苦手なら小さじ1/2くらい~)
・豆豉醤 大さじ1
・甜麺醤 大さじ1
・ネギ 1本分(みじん切り)
・豚挽肉 100g
・醤油 小さじ1
・胡椒 少々
・トマト 1コ(皮つきのままざく切り)
・湯100cc
・片栗粉 大さじ1(大さじ1の水を加えて混ぜておく)
・胡麻油 小さじ1
・すだち皮1個分 (すりおろす)

【作り方・15分】
1. フライパンにサラダオイル、ニンニク、ショウガ、豆板醤、豆豉醤、甜麺醤、ネギを入れ、
   弱火で香りが出るまで炒める。
2. 1に豚挽肉、醤油、胡椒、トマトを加え中火で炒め、火が通ったら湯を加える。
3. 2に豆腐を加えて軽く味が染みるまで煮て、
   片栗粉でとろみをつけ、胡麻油を加えてひと混ぜして、火を止める。
4. 器に盛り付け、すだちの皮を散らす。



e0220778_14114737.jpg


あえていつもの花椒は入れないで、正解。
すだちの皮の少しほろ苦い風味と、トマトの酸味とがよく合います。
栄養価も高まり、とても好みの味でした。

色も山椒の葉を飾ったみたいにきれいなコントラスト。
撮影の後、すだちの皮を倍量くらいに増やしてかけてしまいました。
(果肉、果汁の酸はとろみを分解してしまうので、今回は皮のみ使っています。)



e0220778_14145866.jpg


麻婆豆腐で季節感を考えたことはなかったけれど、
これは、夏の麻婆豆腐、と言ってよいのではないでしょうか。

ビールでも白ワインでも、軽めの赤ワインでも!


徳島特産すだちの料理レシピ
徳島特産すだちの料理レシピ



[PR]

by loquat_food | 2012-08-27 23:17 | 家ごはん


<< チキンカレー      真夏の珈琲 >>