枇杷茶房ごはん帳

biwagohan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 08日

クン・オップ・ウンセン



クン(海老)・オップ(蒸す)・ウンセン(春雨)は
中華料理の影響を強く受けたタイの料理。
日本人にもなじみやすい、辛くない春雨のおかずです。

本来は有頭海老を使い、濃厚な海老の味噌を楽しむ料理なのですが、
お頭付きの海老にはそうなかなか巡り会えない。
ならば、あるものでコクと旨みを加えよう。
辛い味が好きなので、辛くしてしまおう。


e0220778_7341735.jpg



【材料・2人分】☆トマトとショウガでパンチのある爽やかなコク
・海老 6尾(殻つきのまま背開きにして背ワタを除く)
・春雨 80g(水に漬けて戻す。蒸しながら戻るので硬くても良い)
・豚挽肉 80g 
・トマト 中くらい2個(ざく切り、種が多ければ除く)
・パクチーの根 3株分(つぶしてみじん切り)
・ニンニク 1カケ(みじん切り)
・ショウガ 2カケ(細千切り)
・唐辛子 2本(大きく割って種を除く)
・醤油 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・黒胡椒 小さじ1(粗挽き)
・酒 大さじ1
・油 大さじ1
・水 100㏄~
・パクチー 適宜

【作り方・15分】
1. 春雨を水に漬け、食べやすい長さに切っておく。
2. 蓋付きのフライパンに油、ニンニク、ショウガ、パクチーの根、唐辛子を入れ
  香りが出るまで弱火で炒め、豚挽肉、海老を加えて中火で炒める。
3. 2にトマトを加えてつぶしながら炒め、水を切った春雨、醤油、
  オイスターソース、胡椒、酒、水(ひたひたくらい)を加えて混ぜ合わせ、
  蓋をして蒸し炒めにする。
4. 時々かきまぜながら、5分ほどして春雨が柔らかくなったら、
  器に盛り付け、パクチーを添える。



e0220778_7335925.jpg


本国の味にアレンジを加えた、軽やかで爽やかなクン・オップ・ウンセン。
トマトとショウガがポイントです。

煮崩れて形がなくなるまで炒めたトマトは、姿はなくとも美味しいソースになり、
その旨みは春雨にすべて吸収されています。
ひりひりする唐辛子、胡椒の辛さも味のうちだと思っています。


e0220778_734975.jpg


パクチーの根、黒胡椒、ニンニクの3つは、タイ料理の基本の味のひとつ。
葉っぱが有名なパクチーは、根も非常に有能です。
健康にもとても良いですよ。




[PR]

by loquat_food | 2012-08-08 00:00 | 家ごはん


<< モロッコインゲンとオクラと豆のカレー      パッタイ >>