枇杷茶房ごはん帳

biwagohan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和食 ( 16 ) タグの人気記事


2013年 09月 27日

天麩羅蕎麦



e0220778_12311237.jpg


元気いっぱいな人と、昼ビールの午後。
[PR]

by loquat_food | 2013-09-27 00:00 | 外ごはん
2013年 07月 30日

沖縄



沖縄料理店のランチビュッフェだと思ったのです…。

e0220778_15233282.jpg


冬瓜の煮物、青パパイヤのサラダ、オクラと葉物(名前失念)の和え物、
麩ちゃんぷるー、ゴーヤとパイナップルの和え物、油揚げ焼き、
ゆしどうふ。




e0220778_15233780.jpg


沖縄そばって書いてあるけど…?




e0220778_15253489.jpg


ふつうの和食屋さんで沖縄風メニューがあっただけなのでした。
なーんだ!

これはこれで、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
[PR]

by loquat_food | 2013-07-30 00:00 | 外ごはん
2013年 07月 15日

反省会




キラキラのしめ鯖と馬刺し。

e0220778_14125185.jpg




烏賊と里芋の煮物。黒ラベル。

e0220778_14124362.jpg




唐揚げを頼んだら、なんとチューリップ。歓喜!

e0220778_14133045.jpg

[PR]

by loquat_food | 2013-07-15 00:00 | 外ごはん
2013年 06月 28日

栄螺



e0220778_1156648.jpg


手元には八海山を用意して、いざ。
どきどき…。


e0220778_11562616.jpg


大 成 功 !
[PR]

by loquat_food | 2013-06-28 00:00 | 外ごはん
2013年 06月 26日

天ぷら



e0220778_11543667.jpg


さくさくの山へ挑む。
[PR]

by loquat_food | 2013-06-26 00:00 | 外ごはん
2013年 05月 31日

鴨南蛮蕎麦



きりりと。

e0220778_1528221.jpg

少な目に見えた蕎麦は、ちゃんと二段分ありました。
(それでもぺろり)



e0220778_15281730.jpg

ごちそうさまでした!
[PR]

by loquat_food | 2013-05-31 00:00 | 外ごはん
2012年 12月 18日

東北ごはん


導かれるようにして、暖簾をくぐって。


e0220778_214753.jpg


河豚皮の湯引き、栄螺の煮つけ、蜆のお吸い物。



e0220778_2147913.jpg


青海苔の中に海の幸がざくざくと。
香りが良くて、頬が緩む…。



e0220778_21471189.jpg


さて、じっくり呑みますか、というところで
生ものがお終いとのこと…。残念無念。
ということで、南部地鶏の風味豊かなから揚げ。




e0220778_21471474.jpg


揚げ出し豆腐。
かなりカリッと揚げられたところを、別添えの江戸前なお汁に浸して


e0220778_2147163.jpg


すいとんと冬野菜がたっぷりと入ったお汁。
温まる。

格好いいお姉さまたちが仕切る名店だった。
ご馳走さまでした。





[PR]

by loquat_food | 2012-12-18 00:00 | 外ごはん
2012年 07月 26日

明太子うどん



e0220778_20573277.jpg


ほぼ初めましての方たちとの乾杯。
それなのに、以前からの知り合いのような、
どこかで同級生であったかのような、心地良さ。

明太子パスタから、さらに派生した明太子うどん。
きんぴらにした蓮根が乗せられたピザ。
イタリアンと和食の境の曖昧さ、混じり合った時の明るい違和感。

人との出会いも食材の出会いも、ミスマッチはないのかも。



[PR]

by loquat_food | 2012-07-26 00:00 | 外ごはん
2012年 04月 22日

島根ごはん



「島根料理と竹下本店のお酒を楽しむ会」に参加させていただきました。
主催はこちらの方
初めてという感じのしない、はじめまして!

島根は一度だけ松江や出雲をのんびりと旅したことがあり、
今でも、神々しい山や寺社、夕暮れの宍道湖を思い出します。

山陰そして島根県は、落ち着いた重厚な雰囲気、
その中で生まれる自然の産物の豊かさが印象に残っています。



e0220778_12422567.jpg


お酒は島根県の酒造、竹下本店の日本酒。
併せて島根の食材とお料理をたくさんご紹介いただきました。



e0220778_135327.jpg


私の心はグラスに集中。
ありがたいことに竹下社長のすぐ近くの席だったので、直接お話を伺いながら
『縁の風(えにしのかぜ)』という、口当たりの優しい純米酒をいただきます。


そして・・・

e0220778_1247172.jpge0220778_1243989.jpg
e0220778_1247443.jpge0220778_13133257.jpg
e0220778_12434441.jpge0220778_1244268.jpg
e0220778_12482530.jpge0220778_12484898.jpg
e0220778_1249229.jpge0220778_133724.jpg


深い味わいのあごの焼き、唐辛子入りの真っ赤な赤天、清涼感のあるわさび菜漬け。 問答無用の岩牡蠣。(大好き!)
しっかり醤油味の鯖しゃぶ。 次々注いでくださる、純米吟醸、大吟醸、原酒。
さっぱりと出雲蕎麦と吟醸酒。 鯛のお造りに昆布の佃煮、というのが新鮮。
新タマネギと牛のたたき。 甘く香る朴葉味噌焼き。
土鍋炊きごはん。最後までお酒。



e0220778_1372919.jpge0220778_1314837.jpge0220778_1323872.jpg

きれいな味わいの日本酒。豊富な魚介類。
産地には、さらに力強い美味しさの島根ごはんが待っていることでしょう。
再び島根に足を運んでみたくなりました。

日本酒についても、いろいろ真面目にお話しました。
味のこと、輸送、保存状態のこと、ターゲットやパッケージのこと。
愛好者として願うことはやはり、一時のブームや話題性には拘らず、
お酒そのものに注ぐ確かな技術と愛情が、継続的な購入に繋がっていくということ。
人に勧めるものでも同じ視点で選び、食事や雰囲気で後押ししたい。

主催の55aiaiさん、酒造の皆様、島根県の関係者の皆様、
本当にありがとうございました。
一緒にお話してくださった皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
ごちそうさまでした。
お声をかけてくださったMさん、いつもありがとね。また乾杯しよう!



e0220778_14202545.jpg

かわいらしいお土産もいただきました。多謝!
[PR]

by loquat_food | 2012-04-22 00:00 | 外ごはん
2012年 04月 02日

お花見弁当



e0220778_19495562.jpg


桜が咲いたよ。
お弁当を作ってでかけよう。



e0220778_19502162.jpg


あくまでお酒の肴なので、手軽につまめるように串を使ってみる。
実は詰めるのも簡単で、見た目にも楽しく、意外と好評。



e0220778_19504327.jpge0220778_19505880.jpg
e0220778_19511150.jpge0220778_19512954.jpg


・タイ風焼き鳥、パクチー鶏つくね。
・人参塩蒸し、竹の子の炙り焼き、菜の花蒸し。
・玉子焼き。
・生姜と三つ葉と胡麻の稲荷寿司。
・フリルレタスで焼き鳥や稲荷寿司を巻いても。

前日までに稲荷寿司の油揚げを煮て、焼き鳥を漬け込んでおくと
当日はあっという間に出来上がるのだ。



e0220778_1953250.jpg


自家製お弁当の良いところは好みの味付けにできること。
特別な素材がなくても、たいした内容でなくても
ここまで簡単に作れるよ。

今度はどんなお弁当にしようか?
[PR]

by loquat_food | 2012-04-02 00:00 | 家ごはん